ラウド ロック 洋楽トップ5を探る

ラウド ロック 洋楽

ラウドロックというジャンル・名称が日本独自、つまり和製英語であるという事実に驚く音楽ファンも多い。 「だって海外にはそういう音があるんだよ!それをラウドロックって言うんじゃないの?」って。 もちろん、日本のラウドロックは国内の先輩アーティストの影響だけでなく、海外のメタル、パンク、ハードコアなどの影響も色濃く受けています。 その意味では、音楽ファンが言う「あのサウンド」は、現在国内のラウドロックシーンで活躍するバンドのルーツとも言える。

そこで本コラムでは、2000年以降の海外シーンを振り返り、国内のラウドロックファンにオススメしたい「海外ラウドロックバンド」を10組ピックアップします。 以上、「まだ洋楽に触れたことのないリスナー」を想定し、筆者自身が独断と偏見で選んだ10組です。 知っている人はニヤニヤしたり、「なんであれが入ってないの!?」とツッコミを入れたりするだろう。 私は嬉しい. 続きを読んでsearchgg365.comについて学びましょう

ラウド ロック 洋楽トップ5を探る

1. スリップノット (SLIP KNOT)

ラウド ロック 洋楽

それぞれがおそろいのジャンプスーツを着て、不気味なマスクをかぶった、異様な雰囲気を持つ9人組バンド。 デビュー当時はおバカなイメージもあったが、1999年にリリースしたデビューアルバム「SLIPKNOT」で披露した凶暴なハードコアサウンドで一世を風靡した。 その後の国内外のメタルシーン。 メンバーの急死や脱退、不仲などにより活動が停滞した時期もあったが、現在でもここ日本でフェスティバル「KNOTFEST」を主催するなど安定した人気を誇っている。 2021年1月には、2016年11月以来となる「KNOTFEST JAPAN」が開催される。

2. 動揺 (DISTURBED)

ラウド ロック 洋楽

2000年のデビュー以来長きに渡りアメリカのメタル/ラウドシーンを牽引し続け、SLIPKNOTと同様に重要な存在として高く評価されている4人組バンド。 2020年までに7枚のオリジナルアルバムをリリースしており、そのうち5枚は本国でも人気があり、オジー・オズボーンも「メタルの未来」と絶賛した。 そんなに。 ラップのようなリズミカルなボーカルと、ヘヴィながらもメロディアスで親しみやすい音楽性は一度聴くと病みつきになります。 キャリアを通じて来日したのは3回(2002年の『SUMMER SONIC』、2003年のワンマンツアー、2016年の『KNOTFEST JAPAN』)のみ。 過小評価されているような気がします。

3. リンキン・パーク (LINKIN PARK)

ラウド ロック 洋楽

LINKIN PARKは、21世紀が始まったばかりの2000年にデビューしました。 当時、メロディアスなクリーンボイス、激しいスクリーム、ラップを組み合わせたミディアムテンポのヘヴィな曲のスタイルは、一部の人から「ニューメタル」と揶揄されました。 しかしデビュー作『HYBRID THEORY』は全世界で2,000万部を超える大ヒットとなった。 その後もエレクトロニカやR&Bの要素を取り入れて進化を続けながらヒット作を発表し続けた。 2016年5月には新境地を見せた7thアルバム『ONE MORE LIGHT』をリリースしたが、その2か月後の7月20日、フロントマンのチェスター・ベニントンが急逝した。 2020年4月現在、バンドとしての活動は停止しており、もう一人のフロントマンであるマイク・シノダがソロ活動を続けている。

4. キルスイッチエンゲージ (KILLSWITCH ENGAGE)

ラウド ロック 洋楽

LINKIN PARKやEVANESCENCEといったニューメタルバンドがヒットを飛ばす一方で、2000年代半ばになるとデスメタルの影響を感じながらも、ニューメタルよりもヘヴィメタルなサウンドの「メタルコア」が台頭してきました。 始める。 KILLSWITCH ENGAGEは代表的なバンドの一つで、当時彼らとSHADOWS FALLは地元マサチューセッツ州にちなんで「MAメタル」と呼ばれていました。 そのスタイルはもはや完全にヘヴィメタルそのものだ。 メタル色の強いラウドロックバンドの中には崇拝する人も多いものもあります。

5. FUNERAL FOR A FRIEND

ラウド ロック 洋楽

2000年代前半、米国の新たな波を受けて英国をはじめとする欧州圏から新興大国が台頭した。 ヘヴィメタル色の強い「BULLET FOR MY VALENTINE」がアメリカでチャート成功を収めたが、エモやポストハードコアの影響が強い「FUNERAL FOR A FRIEND」も登場すると大きな反響を呼んだ。 彼らが他の同系統のアーティストと違うのは、ハードコアトレンドのバンドだけでなく、IRON MAIDENのようなメタル界の巨人とも共演できたことだ。 作品を重ねるごとにサウンドは変化し、徐々にソフトな一面も出てきたが、2015年9月に突如解散を発表。 2016年5月のライブをもってその活動に終止符を打つ。 再結成を望む声も少なくなく、おかげさまで2019年秋に英国での3回のベネフィットライブで限定再結成が実現した。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *

Name to QR Code Generator

Name to QR Code Generator