5 ワンピースフィルムレッド 曲

ワンピースフィルムレッド 曲

物語は、週刊少年ジャンプの人気作品『ワンピース』の劇場版に麦わらの一味率いるルフィがウタのライブを見に行くところから始まる。 監督は谷口悟朗、脚本は黒岩勉、音楽は中田ヤスタカが担当する。

この記事では、映画『ワンピース フィルム レッド』で流れた楽曲5曲を紹介します。 ※この記事にはネタバレが含まれています . searchgg365.com をご覧ください。

ワンピースフィルムレッド 曲

1. 歌姫ウタのライブが始まるシーン

ワンピースフィルムレッド 曲

歌姫ウタのライブが始まるシーンでは、Adoが中田ヤスタカの「New Era」を歌う。

ウタの楽曲を担当するAdoが力強く歌う「New World」は、キラキラと派手なライブパフォーマンスを大いに盛り上げる楽曲となっている。 「彼女の未来を信じたい」という歌詞には、自分の新しい世界を創り出していきたいという彼女の思いが込められている。

映画の冒頭からライブシーンを盛り上げながら、素晴らしいライブ演出を見て興奮しました。

2. ユタのステージを海賊が襲撃するシーン

Mrs. GREEN APPLEの「私は最強」は、Utaのステージを海賊が襲撃するシーンでAdoが歌う。

Adoが低い声で力強く歌ったり、高い声で歌ったりするです。 爽やかで刺激的な雰囲気があり、ウタの自信に満ちた雰囲気が伝わってきます。 ウタは海賊に襲われてもまったく怖がらず、歌で海賊を捕まえることができることに驚く。

ビッグ・マム海賊団のブリュレやヒートオーブンもあっという間に捕獲され、空中に浮かせて楽譜に貼り付けるなんてすごいですね!

3. ルフィがウタと幼少期を思い出すシーン

ワンピースフィルムレッド 曲

ルフィがウタと幼少期を思い出すシーンでは、Adoが秦 基博の「風のゆくえ」を歌う。

ルフィは12年前、フーシャ村でウタと過ごしたときのことを思い出し、ウタの子供だったウタが「風のゆくえ」を歌っていた。 幼いながらも心安らぐ歌声を披露し、シャンクスたちからも尊敬されていたようだ。

シャンクスに育てられたウタは海賊たちの音楽家だと言い、ルフィとの対決を楽しむ姿が微笑ましく、エンディングでもこの曲が流れます。

4. ウタが海軍に襲われ眠らされるシーン

ウタが海軍に襲われ眠らせるシーンでは、AdoがFAKE TYPEの「歌ったらラバイ」を歌っている。

リズムの良い明るい曲で、ウタの不安定さを感じさせる曲です。 楽しい気持ちと怖い気持ちが入り混じった不思議な曲です。

ウタはウタウタの実の能力で海軍を次々と眠らせていく。 ルフィ達が覚醒できるか注目です!

5. ウタが眠っているみんなを目覚めさせるシーン

ワンピースフィルムレッド 曲

ウタが禁断の歌で悪魔を呼び出すシーンでは、Adoが澤野弘之の「トットムジカ」を歌唱。

力強くて刺激的で、脅威が迫っているように感じる曲です。 シャンクス、海軍、ルフィに追い詰められたウタは、“トット・ムジカ”と呼ばれる魔王を召喚するために歌う!

彼女の過去の話を踏まえ、優しい彼女には他に道はなかったのかと考えさせられる。 現れた魔王はピアノの鍵盤のような腕を持ち、ドクロをかぶっている。

澤野弘之は1980年生まれの作曲家で、『進撃の巨人』の楽曲「ətˈæk 0N tάɪtn」などで有名。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *

Name to QR Code Generator

Name to QR Code Generator