SKYSEA どこまで 監視

SKYSEA どこまで 監視

SKYSEA ソフトウェアを使用したことがありますか? この記事では、「SKYSEA どこまで 監視」、SKYSEA の製品概要、詳細な機能紹介、実際のアプリケーション、および関連トピックについて説明します。

SKYSEAとは何ですか?

SKYSEAとは何ですか?

SKYSEAは、情報セキュリティ管理を強化し、IT資産を安全に機能させるために、さまざまな機能とソリューションを提供するソフトウェアです。 これは、組織の重要なデータを保護するのに役立ちます。

これらの特質を以下に示します。

時代に合わせた機能拡張

IT環境の変化に素早く対応します。 毎年、お客様からのフィードバックが新しいバージョンに反映されます。

使いやすい

大きなアイコンと機能ガイドを使用した管理インターフェースは、必要な機能がすぐに理解できるように設計されています。
(入社後初めて利用した私でも分かりやすかったです。)

他社製品との連携

セキュリティ製品をはじめとする各種メーカーの製品と連携することで、情報セキュリティ対策、IT資産管理、ITシステム運用、勤怠管理をより一層強化することができます。

SKYSEAにはどのような機能がありますか?

ここまでSKYSEAの製品の概要と特徴について見てきました。 次に機能を紹介します。

SKYSEA には、勤怠管理、IT システムの運用、IT 資産の管理、情報セキュリティ予防策を講じるための多くの機能があります。

SKYSEA の主な任務は次のとおりです。

SKYSEAにはどのような機能がありますか?

資源管理

IT資産の台帳管理やインベントリデータの収集が可能です。

ロギング制御

操作ログを見ることで、いつ、誰が、何をしたのかを知ることができます。

セキュリティ管理

セキュリティガイドラインに反する操作は制限される場合があります。

デバイス管理

さまざまなデバイスの使用を制限し、台帳を保管できます。

ITセキュリティプロトコルを強化する

多層の防御を使用することで、情報漏洩の危険性が軽減されます。

報告

集計したログデータをエクスポートして可視化することが可能です。

メンテナンス

離れたクライアントPCでも遠隔からメンテナンスが可能です。

ソフトウェア資産管理

ソフトウェア資産の運用管理をサポートします。

サーバーの確認

イベントログは同時に収集、集約、制御できます。

どう思いますか? 最も重要な点を列挙するだけでも長い時間がかかります。 この機能が使いやすく分かりやすいのがSKYSEAの強みです。

SKYSEA どこまで 監視: SKYSEAの特徴

SKYSEAの特徴

資産管理機能編

SKYSEAの資産管理機能は、クライアントPCやサーバーのハードウェア、ソフトウェア、プリンターやルーターなどのネットワーク機器のデータを24時間ごとに自動収集し、1つの台帳で管理します。

組織はIT資産の利用状況を明確にすることで、各部門の業務の最適化やコスト削減を図ることができます。

SKYSEAでは以下の資産管理機能をご利用いただけます。

#1. ハードウェアリスト

メモリやCPUなどのクライアントPCのスペックを自動的に収集して扱うことができます。 すでにExcelで台帳を構築している場合でも、豊富なオプション項目を設定できるため、CSVファイルとしてSKYSEAにインポートすることで、ニーズに合った資産管理台帳をすぐに作成できます。

さらに、特定の検索条件を指定して、表示されるデバイスを準拠するデバイスに制限することもできます。 リースやレンタルの期限が決まったPCを撤去し、PCの入れ替え検討に活用するなど、日常の管理の効率化に活用できます。

最近導入した PC の資産情報の管理は、資産管理の中でも時間のかかるコンポーネントの 1 つです。
何百台もの PC があると、管理は非常に困難になります。

これらの問題はSKYSEAの資産管理部門が解決します。

ベンダーなどから入手したPC情報を含むCSVファイルを共有フォルダーに置くだけで、SKYSEAの資産管理ツールを利用して資産情報を自動更新できます。

#2. アプリケーションリスト

インストールされているコンピューターの台数や各ソフトウェアの製品 ID などの詳細が表示される場合があります。 必要なソフトウェアのインストールとライセンスの適切な使用の両方を検証できます。

クライアントPCごとに確認できるため、セキュリティが気になるウイルス対策ソフトのインストール状況の確認などに役立ちます。

ソフトウェア配布のオプションもここから変更できます。

ソフトウェアの使用を制限したいが、どのアプリケーションを制限すればよいかわからない場合があります。

このような場合にSKYSEAの資産管理機能を利用することができます。

少数のデバイスにインストールされているアプリケーションを制限できます。 デバイスにインストールされているアプリケーションの数を調べることができます。

#3. 資産変更ステータス

アプリの追加や削除、ハードウェア情報の変更などの日常的な作業中に、資産情報の変更履歴を確認できます。

あらかじめ定義されている資産情報の項目が変更された場合、画面上で赤色でハイライト表示されます。

気づきにくい資産情報の微妙な変化も素早く把握できます。

#4. 端末管理

CD、DVD、Blu-rayドライブのほか、内蔵デバイス、外部デバイス(USBデバイス)、メディア(SDカード、MOディスク、DVD-RAM)、eSATA接続のハードディスクのデータを登録・管理できます。

組織内の各メディアとデバイスを理解できるだけでなく、それらを制御することもできます。 あなたのポリシーに従って、それを使用することができます。

#5. 資産報告書

装置とプログラムの状態レポートをMicrosoft Excel形式で同時に出力できます。

また、端末にかかる費用やプログラムの単価などを事前に入力することで、事前に考慮すべき費用の見積りを作成することも可能です。

#6. ネットワーク機器の回収

HUBやプリンターなどのネットワークハードウェアのデータをSNMP(Simple Network Management Protocol)を利用して収集し、資産管理台帳を作成します。

Ping 応答は、SKYSEA Client View がインストールされているコンピュータや端末など、ネットワークに接続されたデバイスからデータを収集するために使用されます。 対象範囲はIPアドレスで指定できます。

また、ネットワーク機器の状態をグラフィカルに表示したり、IPアドレスの範囲を選択して機器情報を収集したりすることも可能です。

各サイトのデータを編集し、機器の死活を追跡するために使用できます。

#7。 IPアドレス管理

社内利用向けにIPアドレス管理が可能です。 端末やネットワーク機器などにIPアドレスを割り当て、未使用のIPアドレスを探します。

新しい IP アドレスと既に使用されている IP アドレスを比較することで、IP アドレスを制御することもできます。

ログ管理機能

これらは、SKYSEA が提供するログ管理機能の一部です。

#1. ログの閲覧

収集されたログはリストで確認および分析できます。 グラフやレポートを使用し、ログを調べることで特定のコンピュータが深夜に起動するなどの異常を明確に把握できます。

機密データの漏洩を見つけるには、画面録画、ファイル追跡、ログ検索を使用することもできます。

#2. Web/アプリアカウント利用状況

基幹業務管理システムなど特定のシステムを監査対象アプリケーションとして指定し、アカウントの利用ログを収集・調査してアカウントの利用状況を把握できます。

未使用のアカウントのリストをチェックしたり、特定の操作に対して警告を設定したり、アクティビティが実行されたときに管理マシンに通知したりすることができます。

また、システム上でアカウントが適切に利用されているかを監視・管理することで、情報漏洩の危険性を軽減することもできます。

事前に条件を指定することで、特定の操作をアラートログで強調表示することも可能です。

#3. ウェブ利用状況

は、Web サイトのデバイスと URL の消費統計を示しています。 集計結果をランク付けすることで、仕事に関係のない Web サイトへのアクセスだけでなく、ユーザーのオンライン アクセスのパターンも把握できる可能性があります。

#4. 残業管理

ユーザーの残業時間を管理できます。 日々の労働時間や残業時間を表示し、勤務状況の傾向を把握できます。

時間外勤務の申請を承認または拒否することもできます。 さらに、必要な残業時間が経過すると、PC をネットワークから切断するように構成できます。

月ごとだけでなく、日ごとの時間外労働を迅速に把握することで、労働環境の早期改善が図れるかもしれません。

#5. 録音再生

画面操作の記録データを確認できます。 端末画面の操作内容は、操作ログだけで見るよりも視覚的に把握しやすいです。

パラメータをカスタマイズすることで、特定のアクションが実行された後に自動的に記録を開始するように PC 画面をプログラムできます。

#6. サーバー監査

データサーバーでは指定したサーバー(監査対象サーバー)のイベントログを収集し、管理マシンでは失敗したアクセスログを調査・表示できます。

また、データベース サーバー上で実行されたさまざまなアクションの記録として保存される場合もあります。

操作ログを確認し、懸念となる操作を瞬時に特定し、重要な情報を保管する複数のサーバーへのアクセス状況を視覚的に把握できます。

#7。 ログデータのWeb閲覧

収集した操作ログはWebブラウザからも確認できます。 カレンダーでは、デバイス (またはユーザー) が毎日または毎月受信したアラート (警告) の数を確認できます。

カレンダーに表示されるアラート数ごとに、操作ログの一覧を追加表示できます。

まとめ

このソフトウェアは、使いやすさだけでなく、情報セキュリティ対策やITシステムの運用、IT資産管理、勤怠管理までをサポートしているのが強みです。

私も入社後初めてSKYSEAを利用しましたが、活用したい機能がどこにあり、どのように利用するのかが非常に分かりやすかったです。

セキュリティ対策やシステムの運用管理は日常的に行っているので、使いやすさは重要だと考えています。 使い方が簡単であれば、より早く完了できます。

セキュリティ対策や運用、管理を効率化したい場合は、SKYSEAの導入も選択肢の一つとなります。

今回取り上げたSKYSEAの内容は広範ですが、以下のような様々な用途や実例があります。

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *

Name to QR Code Generator

Name to QR Code Generator